薬を使って治療

背中にきびは、薬を使って治療することができます。

たいていの場合、赤くはれて炎症を起こしているため、
できるだけ早期の段階で適切な治療を行うことが大切です。

治療によっては、にきび跡が残ってしまうこともあるため
注意が必要です。

跡が残る

まず抗真菌剤というのが広く使われています。

背中にきび(綺麗に決めたいと思っているのににきびで背中が荒れていること)ができる理由の多くは、カビであることが多いため、
この薬を使うことで治療できることが多いです。
およそ2か月ほどで完治することが大半です。

また、抗生物質も比較的多く使われています。

これは背中にきびの原因となるものを根本から防ぐ目的で
使われますが、顔などにできるにきびに使われることが多いです。

根本から治す

レチノイド製剤は、背中にきびを根本から治すために、皮膚に
つかっているごみなどを一掃する役割があります。

いずれの薬も普通の店に売っていますが、購入する際には、
専門家のアドバイスを仰ぐようにしましょう。

病院やクリニックでも受け取ることができます。

市販薬でニキビ治療したのに悪化するのはなぜ?製薬会社の説明書通りに使うことの重要性

市販薬を利用してニキビ治療をしたのに悪化する理由

多くの方が経験する肌トラブルの中でも、特に多くの方が悩んで
いるのがニキビだといわれています。

一般的にニキビは適切な生活習慣とスキンケアを行っていれば、
初期ニキビが出来てしまっても自然治癒する場合が多いです。

しかし患部を触ってしまったり、適切なケアが出来ていないと
雑菌が入り込むことでニキビが炎症を起こし痛みや腫れ、最悪の
場合ニキビ跡が残ってしまうことも少なくありません。

そこで自宅で手軽に治療する方法として、ドラッグストアなどで
販売されている市販薬などを利用しニキビ治療を始める方は
増えてきています。

市販薬

市販薬にはニキビの進行に合わせて利用する様々なタイプがあり、
赤ニキビなど炎症を起こしている場合は抗炎症作用を配合した薬で、
患部の炎症を抑える治療を行ったり、ニキビの原因菌を殺菌する
成分が配合されているタイプや、毛穴の詰まりを防ぐ角質軟化成分
などが配合されているタイプなどを選んで利用することが大切です。

市販薬と適切なスキンケア、栄養バランスの整った食事と十分な
睡眠を心がけていれば、症状は薬を利用しない時よりも短期間で
治癒することが出来ますが、人によっては症状が悪化してしまう方
も少なくありません。

これは製薬会社の説明書通りに用法用量を守らずに利用してしまう
ことが原因だといわれています。

製薬会社の説明書通りに適切に利用することが大切

一般的にニキビ治療を行うなら、皮膚科などの医療機関にかかって
医師に処置や薬の処方をしてもらう必要があります。

市販薬を利用してニキビ治療を行うことは非常に手軽ですが、
通常医師から処方される薬と違って薬の用法用量をきちんと
チェックせずにそのまま使用してしまう方も少なくありません。

ニキビ治療薬は抗炎症作用や殺菌作用の他に、毛穴の詰まりの
原因となる古い角質や皮脂分泌をコントロールする成分なども
配合されている場合が多く、使い始めは肌に刺激を感じてしまう
方も多い場合があります。

そんな時には、肌が受ける刺激を減らすためにも使う頻度を減らし、
肌が慣れてきたら元々の使用頻度に戻していくという方法をとる
必要がありますが、説明書などを読んでいない場合無理に患部に
市販薬を利用してニキビ治療を続けることで、患部が外部からの
刺激に弱い状態になりやすいため、症状が悪くなってしまう危険が
あります。

説明書

そのため市販薬を利用して自宅でニキビ治療を行う場合は、使用する
頻度や塗布や内服するタイミングなどを説明書を読んで把握し、
用法用量を守ることが重要です。

そして症状が悪化してしまい自分では対処出来ないと判断した場合は、
早めに医療機関に相談をするようにしましょう。